建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

親鸞(五木寛之)

五木寛之の親鸞(上・下)を
読みました。



親鸞といえば、学生時代の授業で
結婚したお坊さん、浄土真宗の
宗祖というくらいしか
覚えていなかったのですが、

五木さんが新聞に連載で書いている
という事を考えると、
相当な思い入れを持って
執筆しているにちがいない!と
思い読み始めました。

親鸞(上・下)では、幼いころの親鸞が
比叡山に入山し、修行にあけくれ、
結局山を降り、野の聖となってから、
法然の弟子になる、そして流罪となり…

とうところまでの話。

仏教用語なども作中でわかりやすく
描いてありますし、
読みやすい文体でサクサク読めます。

これからは、親鸞の<激動編>、
<完結編>へと読み進めていこうと思います。

おすすめです○

MIZUNO

pagetop