建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

いつものカレー

いつもお世話になっている。
新横浜のオリエンタルテーブル(オリテー)で、
頻繁にグリーンカレーを食べています。

この日はサービス?で、
マウンテン山盛りのごはんに、
パクチーが大量に入っていました。

ピリ辛でコクのあるグリーンカレーは、
ビールに良く合います。

さすがにお腹がいっぱいになりました。
ごちそうさまでした。

souhei

丹行味素

北新横浜にある丹行味素のラーメンは、
肉厚チャーシューと特大唐揚げが特徴です。
ボリューム満点でお腹が満たされる事
間違いありません。
味噌の量を調節しながら、食べる事が出来るので、
味の変化を楽しめます。


お腹と心が満たされるラーメンとはこのことですね。


hikaru

日々の100(松浦弥太郎)

最近読んだ本の紹介です。

松浦弥太郎さんの『日々の100』。
『暮らしの手帖』の元編集長である松浦さんが、
普段使っている道具や服、食べ物などに焦点を当て、
一つずつ、計100コのモノを紹介していく内容です。



どれもシンプルでありながら、こだわりが見えるモノばかり。
それらが松浦さんの飾らない文章と写真で綴られることで、
より一層、美しさや魅力が引き出されています。

雑貨好きには堪らない一冊でした。

kaisei

掲載雑誌のお知らせ

大屋根の家が「住宅特集 6月号」に
掲載されました。



まさに大屋根の家!という迫力ある
見開きページからスタートします。

採光と広がりを有効に得るための大屋根であり
お施主様の生活を守るための大屋根でもあることを
図面と文章で記しております。

同世代の現場監督と1年間をかけ
苦楽をともにしながら一緒に創り上げた空間が
このように発表することができ嬉しい限りです!

ご家族が増えたばかりのお施主様が
賑やかに穏やかに過ごして頂ければ幸いです◎


mogi

東京都江戸博物館

日本の首都、東京の歴史が保存してある
菊竹清訓設計の東京都江戸博物館を訪れました。
地上7階建て高床式の構造が特徴の建物です。

東京が築く、失われていく江戸文化について
当時の風景をジオラマで見る事ができます。

国技館との調和を考慮された開口の開き方は、
国技館のスケールをその場で感じ取れるほど
圧倒される高床構造によるものでした。

hikaru

防府の家(4)

現在、防府の家では
外構を含めたカラースキーム(色彩計画)が
着々と進んでいます。

甲村建築の特徴の一つでもある、
「仕上素材を活かした設計」をする上で、
下のようなカラスキボードをつくっています。

実際の仕上素材を空間の配置ごとに、
床・壁・天井に合わせて、レイアウトしていきます。

カラスキボードができると、グッとイメージがしやすくなり、
今から、竣工が楽しみになってきます!

kaisei

あっさりラーメン

普段、横浜家系のこってりラーメンばかり食べているため
たまにはあっさりラーメンが食べたくなります。



写真は阿夫利というラーメン屋さんの
柚子塩らーめんです。
普段は見ることのできない透き通ったスープです。

しかし、食後どこか物足りなく、
すぐに家系ラーメンが恋しくなってしまう
体になってしまったようです。。


mogi

pagetop