建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

江之浦測候所

最近、最も気になっていた建物である
江之浦測候所」へ行ってきました。

写真家・アーティスト・建築家
様々な顔を持つ杉本博司さんが主宰の
新素材研究所の設計です。




杉本さんのこれまでの活動・理念のすべてが
ギュギュギュっと凝縮されたような場所で
久しぶりに心躍る体験をしてきました。

測候所という名の通り、美術館でも公園でもなく
風土・自然・四季を観測するような場所でした。

年輪を重ねたような各素材の厚み感と
反するようなシャープな建築物が
絶妙なバランスで成り立っています。

冬至・春秋分・夏至の軸線から形態がなりたっているため
冬以外の季節に何度も訪れたくなる場所でした◎


mogi

そうだ 庭園 行こう

先日、知り合いの外構業者の方から

嵐山の紅葉が晩秋の日差しに照らされ、

綺麗に色付いた写真が届いたのです。

その写真を見て、謎の対抗心が燃え上がったので、

猪股庭園(猪股邸)へ行ってきました。

設計は近代数寄屋建築家、吉田五十八。






ディテールはさることながら、開口から見える庭園(緑)が非常にパースが利いていて、

ずっと居座ることができる庭園でした。

家で季節の移ろいを感じる

乙なものです。

yamamoto

安藤忠雄展

国立新美術館で開催されている安藤忠雄展へ行ってきました。
          
独学で建築家を目指した安藤氏事務所を現寸で再現されていたり、
神秘的な空間を創り出す光の教会を現寸で再現されていたりと
言葉で伝えきれないほどの模型や図面が展示されていました。
          
建築家の一生が詰まった展示空間でした。
是非体感してみてはいかがでしょうか。

hikaru

さやの湯処

志村坂上駅にある『さやの湯処』
行ってきました。
外観や枯山水の日本らしい風景に魅力を感じます。


鈴虫の声を聞きながらお湯に浸かることも、
秋ならではの魅力です。

何と言っても、露天風呂の雰囲気は最高でした。
今度は冬に行ってみたいと思います。

hikaru

関帝廟

中華街にある関帝廟。
中国人が人里離れた居住地で、
暮らしていくために心の拠り所として
建てたものでした。

三度の焼失を受けても、
今まで再建されてきたことを受けると、
人々にとって、とても大切なものだと
感じました。


hikaru

GINZA SIX

谷口吉生さんが基本設計を行った複合施設
『GINZA SIX』に行ってきました。




商業施設というと、様々な情報があふれ、
雑多になりがちな印象ですが、要所要所で谷口建築の持つ、
すっとした静かな美しさが垣間見え、
上品な空間にまとまっていました。



事前調査なしにふらっと立ち寄ったため、
見せ場である屋上庭園の存在に気が付かずに
帰ってしまったことが悔やまれます…

kaisei

坂茂展

ギャラリー間で開催中の展覧会、
『坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス』に行ってきました。

2017年パリ近郊にオープン予定の
複合音楽施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」をメインに、
プレゼン用映像から施工の様子まで、
プロジェクトが進行していく様を体感できます。


たくさんの模型とモックアップを同時に見ることができ、
建築を知らない方でも楽しめる展覧会となっていました。

kaisei

pagetop