建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

BBQ

知り合いである基礎業者の方から

BBQに誘われて行ってきました。

肉と野菜といったありきたりなBBQではなく、

焼きたいものを焼く。飲みたいものを飲む。

という豪快なBBQでした。

普段のBBQにはお目にかかれない、

サンマやケバブ、厚みのあるステーキ肉等の

海賊のようなBBQを過ごし、海賊並みの皆さんの

パワーに圧倒されました。




yamamoto

廻らない寿司

憧れの廻らないお寿司を求め
関内にある「寿司はしもと」へ行ってきました。



優しいご夫婦で営まれている
小さく温かみのあるお店でした。

料理はどれも絶品で特に
秋刀魚の刺身、鰆の塩焼き、
イクラの軍艦、雲丹の細巻
が今でも口の中で味わえそうな程
また、写真を撮り忘れる程に美味でした。

大将のすべて所作がどれも美しく滑らかで
その立ち姿を見るために
もう1度足を運びたくなるお店でした◎


mogi

あんまき

お施主様からあんまきを頂きました。

お恥ずかしながら「あんまき」という

和菓子を聞いたことも、食べたことも

ありませんでしたが、

絶妙な甘さ加減でとても美味しく頂きました。

そして何よりもお茶によく合う。

私の人生史上、最もお茶に合う

和菓子に認定致しました。



yamamoto

それはとても謎の文化でもあり、

奥深しき、美徳の文化でもある。

食事の〆では、既にある一定の

食事を済ませているにも関わらず、

デザートの代名詞かのように

〆の料理を食べて店を後にする。

しかもそれは決してデザートのように

甘くもなく少量でもないこともある。

先日知り合いに連れて行って頂いた

焼肉屋の〆料理が真っ赤なスープに麵でした。

イメージは完全にアイスでしたが、

あまりのギャップにうろたえるも、

味は抜群に美味しく最後には心は晴れやか。

〆とは気持の区切り(爽快感)を暗示している

ことであるとふと思いました。



yamamoto

24/7 restaurant

みなとみらいにあるレストラン
24/7 restaurantへ行ってきました。



優しい色合いの店内からはみなとみらいの
海や夜景、観覧車を望むことができる
雰囲気の良いお店です。

1段上がったソファ席もあるため
窓際のテーブル席、テラス席を含め
ほとんどの席から外の景色を楽しめる
工夫された設計が勉強になりました。



料理も全体的に小洒落た料理かつ
ボリュームも多めだった満足できるお店でした◎


mogi

AIが喉を通る



お。意外にうまい。

ガチャポンを回して

何が出るかという

ギャンブル的な気持ちで

AIが考えたトマトカレーを食べました。

狙ったものがコロッと

出てきた偶発性を超えて、

AIが考えた食品が

美味しいと感じることができるレベル

にまで達していることに驚きです。

AIはもはやカリスマ性を纏う時代に

突入したようです。


yamamoto

山東 2号店

横浜暮らし2年目にして、
先日初めて中華街に行ってきました。

多くの中から選んだお店は「山東 2号店」
メインの通りから外れた位置にある、
中国家庭料理店です。



店内は中国人の常連さんのような方々が多く、
味付けも一般的な中華料理店とは一味違いました。

特に乾燥オリーブを混ぜたオリーブチャーハンと、
モチモチの水餃子とその付けダレが美味しく、
上々の中華街デビューを果たしたのでした。

kaisei

pagetop