建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

駒沢の家(8)

駒沢に家は急ピッチで内装の下地工事が進んでいます。



コンクリート躯体の上に仕上げをするための
下地が貼られてくると、いよいよ竣工が
近づいてきたと実感します。

一部フローリングが張られたり、
天井の下地が組まれることで、
全体像が分かりやすくなってきました。

足場が外れるのが楽しみです◎


mogi

満德寺(3)

満德寺は着々と工程が進んでいます。

コンクリートを打つ際に用いる型枠が取れたことで、
特徴的な三角形の屋根がはっきりと姿を現しました。




一見単純そうに見えて、実は複雑な建屋形状。

図面や模型を作る段階で、苦戦しながらも調整を重ねたものが、
工務店の皆様のおかげで、建築として出来ていくのを見ると
思わず感嘆してしまいます。



この躯体をベースに、これから仕上げ材の施工が進み、
より納骨堂としての佇まいが洗練されていく段階に入ります。
ますます完成が楽しみになってきました!

kaisei

駒沢の家(7)

8月8日、末広がりの縁起の良い日に
駒沢の家は上棟式を執り行いました。



建物の四方を清め、安全に豊かな住まいが
完成することを祈願します。

現場では下地工事が着々と進み、
徐々に空間が見えてきました。
間もなく仕上げ工事が始まります。

暑い日が続きますが、職人さんたちが
一生懸命作業を進めてくれています。
これから2か月工事の佳境を迎えます。
事故なく無事に工事が終わりますように◎


mogi

四つ木の家(7)

ご報告が遅くなりましたが、
先月末に「四つ木の家」の引渡しが行われ、無事に全工程が完了しました。

四つ木の家を通じて、個人的にも大きく成長させてもらい、
大変思い入れの強い作品になりました。

引渡し前の撤収作業のときは、
出来上がった大きな喜びと手から離れていく若干の寂しさが
同時にこみ上げてきました。

先のブログと重なってしまいますが、
HPにも追加されていますので、是非ご覧ください。



お施主様、工務店の皆様はじめ、
この物件に関わった全ての方々に、心から感謝しています。
ありがとうございました!

kaisei

駒沢の家(6)

駒沢の家はついに上棟を迎えました。



木造とは異なり1層1層徐々に大きくなっていたので
屋上へ登ったときはつい「オォっ」と声が出ました。

R階
3階
2階
1階

これから秋の竣工に向けて内装工事が始まります。
この計画は居住空間を眺望の良い上空へ持ち上げているため、
それを強調付けるように各階の仕上げにも変化を加えています。
どのように仕上げっていくか楽しみです◎


mogi

満德寺(2)

約1年前にブログで紹介した、
満德寺の施工が始まりました。

現場では基礎の打設が行われ、
ピロティには、焼香台の石が運び込まれました。


(画像は設置前のもの)

圧倒的な存在感です。
上へと視線を導く空間の中に、どっしりと構える焼香台。

完成した空間に向き合う瞬間を想像すると、
今からワクワクしてしまいます。

kaisei

駒沢の家(5)

駒沢に家は3階床まで上がってきました。
3階は周辺建屋よりも高い位置なので見晴らしが良く、
1階とのコントラストを楽しむことができます。

3階
1階

1階はコンクリートの硬化が完了し支えていた金物が
外れたことでおおよその形態が分かるようになりました。
RCの躯体むき出しの状態も格好いいです。

外観

黄金比で構成されている外観ももう少しで全貌が分かります。
こちらも出来上がりが楽しみです◎


mogi

pagetop