建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

満德寺(6)

満徳寺納骨堂の竣工写真撮影に同行し
私も撮影させて頂きました。




外観・内観とも光を表現する構成・仕上げとしているため、
光を写し込む撮影はとてもやりがいを感じました。

外観はタイル屋根とRC打ち放し塀の凹凸感、
内観はしっとりとした漆喰の陰影と
スリットから差し込む光が美しく表現できる
タイミングを待ってシャッターを切っていきます。

快晴にも恵まれ良い写真が
撮れたのではないかと思います◎


mogi

駒沢の家(11)

駒沢の家は無事竣工し、写真家による
竣工写真撮影が行われました。



見事な雲1つない秋晴れに恵まれ、
青空と紅葉した葉が綺麗に映えていました。
仕上がりが楽しみです◎


mogi

満德寺(5)

満德寺は無事に竣工を迎え、先月末に撮影が行われました。

遠方のため、施工中はなかなか現場に行くことができませんでしたが、
実際に感じる建築の空気やスケール感は、やはり格別です。




これから多くの人々を送り届け、そして見守っていく、
構成の軽快さと重厚な素材感を兼ね備えた納骨堂になりました。

お施主様、現場の方々、ご協力いただいた皆様、
本当にありがとうございました!

kaisei

駒沢の家(10)

駒沢の家は間もなく竣工を迎えます。
内部養生のほとんどが外れ、
各階ごとに仕上げ色が変化していく様が
よく分かるようになりました。



残すは竣工写真撮影となりました。
周囲の樹木も色づき始める頃なので
撮影がとても楽しみです◎


mogi

駒沢の家(9)

駒沢の家はついに建物を覆っていた足場が外れました。
施工を進めていて、オーッ!と高揚する瞬間です。



黄金比でカタチ造られた端正なフレームと
散りばめられた素材感が互いに引き立てあっています。

内装もどんどん進んできています。
こちらも近々養生が外れる予定なので楽しみです◎


mogi

満德寺(4)

満德寺は外構塀の型枠が外れ、
外観の様子がかなり見て取れるようになりました。



現場の職人さんのおかげで、
コンクリートには杉板型枠の模様がはっきりと映し出され、
ファサードに良い表情をもたらしています。

これから現場は佳境に差し掛かります。
竣工に近づくにつれ、どんどんと高揚感が高まっています!

kaisei

駒沢の家(8)

駒沢に家は急ピッチで内装の下地工事が進んでいます。



コンクリート躯体の上に仕上げをするための
下地が貼られてくると、いよいよ竣工が
近づいてきたと実感します。

一部フローリングが張られたり、
天井の下地が組まれることで、
全体像が分かりやすくなってきました。

足場が外れるのが楽しみです◎


mogi

pagetop