建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

四つ木の家(5)

四つ木の家は、徐々に、
下地工事から仕上げ工事へと移っています。

仮置きではありますが、現場には浴槽が設置され、
竣工時のイメージにグッと近づいてきました。



天井の波打ったケイカル板は、施工が難しいのですが、
現場の皆様のおかげで、美しく仕上がっています。

四つ木の家は、いよいよ大詰めを迎えています!

kaisei

駒沢の家(2)

長らく更新できておりませんでしたが
駒沢の家が先日着工を迎えました。



早速、構造設計者さん立ち合いの下
配筋検査が行われ、支障なく進んでいます。
RC造なので木造とは異なり迫力ある基礎配筋です。



弊社事務所では連日、現場監督や各業者さんと
膝を突き合わせて打合せを進めています。
モックアップを実際に作って頂くと
問題点がハッキリし、解決しやすくてありがたいです。

敷地に隣接して植わっているのは銀杏の大木です。
今は葉を落としていますが竣工する頃には
綺麗な黄色い葉で覆われている季節なので
3階レベルから見渡すのが今から楽しみです◎


mogi

四つ木の家(4)

四つ木の家は、毎日着々と進行中です。

玄関の中で印象的な階段のササラが取付きました。
写真の段板(足を乗せる部分)は仮のもの。



実際には下のような形状の段板が取付きます。



一部の段板裏には蓋つきの堀込みがあり、
そこに手摺を受けるための金物を入れることで、
上から見ても、裏から見てもキレイな納まりになります。

これは現場監督さんとの打合せの中で生まれたアイデア。
現場と設計が互いに協力しながら、
四つ木の家は進んでいます!

kaisei


四つ木の家(3)

昨日は「四つ木の家」のラス検査を行いました。

ラスとはモルタル内に入れる金網のこと。
ラスが適切に施工されることで、
外壁材の剥離やクラック(ひび割れ)を防ぐことにつながります。

甲村の建築は、塗りや吹付仕上げの外壁が多いため、
特に重要な項目です。



現場監督さん含め、計3回もの全数チェックを行い、
その場で職人さんに是正箇所を直してもらいました。

四つ木の家は着々と工程が進んでいます!

kaisei

四つ木の家(2)

先週末、四つ木の家が晴れて上棟式を迎えました。


お施主様、工務店の皆様、職人の皆様のおかげで、
大変素晴らしい上棟式となりました。

お施主様からも頂いたお言葉ではありますが、
今まで、図面や模型で検討してきたことが、
リアルスケールで立ち現れるこの瞬間はやはり格別です。



まだまだ、ここから。
より良い作品へと昇華させていけるよう、
日々、努めていきます!

kaisei

防府の家(15)

防府の家はすべての工程が終了し、
いよいよ引き渡しを迎えます。




初めて防府に街へ行ってから2年と少し、
設計・現場監理を通して多くのことを学ばせて頂きました。

今月末にはハレの玄関となる南の庭に
防府天満宮のお祭りの神輿が担ぎ込まれます。
その光景を遠く横浜から想像してみたいと思います◎


mogi

防府の家(14)

防府の家は間もなく竣工を迎えます。




設計検査を行い、細かい箇所まで
図面通りに施工がなされているかを確認していきます。

検査をしながら様々な箇所と見ていると
この数年のお施主様、現場監督、メーカーの方々との
色々なやり取りが思い出されます。

特に本計画の特徴である伸びやかな屋根が
描いた通り葺き上がり、堂々としている姿を見ると
感慨深いものがあります。

あとは植栽工事と外構工事を残すのみとなりました。
もう一歩!完成が楽しみです◎

mogi

pagetop