建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

2h1m39s

男子マラソンの世界記録が更新されましたね。

マラソンのスピードを知るものからすると

もう無理でしょ。と思うのですが、

近年新たな記録が塗替えられています。

その一躍を担っていると言われるのがシューズです。

近年のシューズは私が部活で陸上をしていた頃とは

比較にならないほど弾力があり、足が勝手に前に進みます。

ソールも年々厚みを増しており、新商品は厚底並みです。



あまりのシューズの変貌ぶりに走りたくなるのですが、

足が勝手に前へ出るからといって、

速く走れる訳ではないのです。

速く設定したランニングマシンの上を走るかのように、

結局は足の回転量とストライドの大きさに耐え得る

体を有していないと走れないのです。

つまり、マラソン選手が本当に凄い。

ということに尽きると思います。

自然の猛威

今年の夏は災害が多く
非常にショッキングな映像をたくさん目にしました。



中でも台風21号が猛威をふるい
京都駅のガラスが上から降り注いだり
屋根が吹き飛んだりする様は
建築に携わるものとして考えさせられるものがありました。

人知を超えた災害に対して
建築はどのように立ち向かうことができるのか
そんな思いになりました。

被害に遭われた地域が
少しでも早く復興することを願いばかりです。


mogi

夏の終わり

夏休みが終わりましたね。

新たな学期、始業に向けて

夏休みを満喫するのに必死

だったのではないでしょうか。

私の周りの知人も夏を存分に楽しんでおりました。




送られてきた写真は

南国感満載の青い海に

緑のある素晴らしい場所からでした。

羨ましさを通り越して、

感情を表現できませんが、

いいな。の一言につきます。

そして夏もまた来年か。

と寂しい気持ちになりました。


yamamoto

米寿

先週、祖父の米寿のお祝いを行いに
山梨へ行ってきました。

親戚が集まり、お寿司を食べるという
なんてことのない食事会でしたが、
祖父の子供頃や研究者時代の話が聞けた、いい機会でした。

写真は祖父が務めていた山梨大学です。


先日発売された、頂の家が掲載されている住宅特集を贈ると
楽しそうに読んでいたのが印象的でした。

kaisei

エレベーター

先週に続き、北茨城市でのお話です。

宿泊したホテルでのこと。
台風の影響で外の雲行きが怪しくなり、
雷鳴が轟き始めたころ、
ホテルの古いエレベーターに一人で乗っていると、なんと停電に。

明かりが消え、完全に閉じ込められました。

映画のような出来事でしたが、
スマホの光があったため、
自分でも意外なほど冷静に対応できました。

電気はすぐに復旧したため、
わずか3分足らずの出来事ではありましたが
万が一が自分にも起こり得ることを痛感した貴重な体験でした。


※写真はイメージです。

kaisei

先輩からの写真

住宅特集 9月号」に頂の家が掲載されたことを

先輩に報告したところ、早速ご購入頂きました。

先輩の会社の皆さんで見ていると思うと

エモーショナルな気持ちになり、

雑誌に掲載されるという影響力を

しみじみと感じました。

今度感想を聞いてみたいと思います。




yamamoto

北茨城市

お盆休みを利用して、
北茨城市へ行ってきました。

ホテルの部屋から見える特徴的な島は「二ツ島」。
その名の通り、以前は2つの島があったようですが、
3.11の影響で現在は1つに。

海水浴場は観光客と地元民で程よく賑わっており、
穏やかなところでした。


夕食には見たことのないサイズの牡蠣が。
味も濃厚で美味しかったです。

kaisei

pagetop