建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

電球交換

家にあるスタンドライトのハロゲンライトが切れてしまったので、

7年前にライトを購入したIKEAへ行ってきました。

最近の電球はLEDが主流であり、普通に使えば25年も輝き続けるという省エネルギー性を有しています。

だからなのか、IKEAで買った電球にも関わらず、現在は取り扱っていないとのことでした。

なんか寂しい気持ちになりましたが、ハロゲンライト特有の

暖かい光で暖を取りたいと思います。







yamamoto

税務署の壁から

2007年。

当時高校生でアルバイトをしていた頃、

神奈川県の最低賃金は740円ほどでした。

時は10年の月日が流れ

2017年。

神奈川県の最低賃金が956円に。



思えばここ10年で消費税、物価、人件費が高騰しています。

生産性と効率性を考え近い未来、

SF映画のように人間がロボットに代わる時代が訪れるかもしれません。

現在映画館で公開しているブレードランナーの世界観が

2049年を待たずしてやって来るのかもしれませんね。



yamamoto

缶コーヒーのような西の空

寒くなると空気が薄くなるような感覚に襲われます。

そして静寂と相成って缶コーヒーが無性に飲みたくなります。

夕刻のある日ふと空を見上げると、

どこか缶コーヒーで見たことがあるような空が。



気づくとこの空を見ながら

タクシーの運転手も車を止めて眺めていました。

夕日で薄らと見える姿の手には

KIRIN FIRE アンティオキアを、

飲んでいるような気がしました。



yamamoto

スポーツの秋

毎年恒例、見る専門のスポーツの秋がやってきました。



本日MLBでは日本人所属のドジャースが
残念ながら世界一を逃してしまいましたね。。
日本のプロ野球も本日、日本一が決まるのでしょうか。
横浜市民としてはもう一矢報いてほしいです。

サッカーでは地元の浦和レッズが10年ぶりに
ACL決勝に進出しているため、今から結果が楽しみです。
10年前に生観戦して勝った時の興奮が思い出されます。

サッカーの日本代表は強豪との対戦があり
こちらも目が離せません◎

mogi

秋の夜長

今秋は雨が多いため休日を家で過ごす機会が多いため
映画を観ながら秋の夜長を楽しんでいます。



中でも面白かったには
「駆込み女と駆出し男 」という映画です。

江戸時代後期のお話で、事実を基にして映画化しているため
当時の日本の暮らしがよく分かります。

昨今では離婚が日常茶飯事に行われていますが
当時は離縁するために女性が縁切り寺に駆け込み
2年間尼として修業をし、その覚悟を見せないと
離縁できなかったようです。

各俳優さんの好演技と早すぎるほどのテンポで
後半は引き込まれ、笑いあり涙ありの人情劇でした。

日本人の持つ奥ゆかしい心情や
日本の美しい原風景がよく表現されているため
繰り返し観たくなる映画でした◎


mogi

ここ数日

厳冬の訪れを告げる冷たい雨が

身を包むここ数日ですが、

それが?

と言わんばかりに、

タイの大仏様は暖かいエアコンの利いた部屋で

テレビでも観てるかのようです。




この写真は外構業者の社長より送付頂いたのですが、

何事も余裕が大事。

というメッセージが込められているような気がしました。



yamamoto

ムーンライト

「構造体は光を与え、光は空間をつくる。」

「太陽はあらゆる生命の偉大な発光体である。」

と、建築界の巨匠方は言いました。

太陽の光を考えずして設計はできませんが、

この地球には月という光もあることを忘れがちです。

月が出てるだけで、意外と夜空は明るいですね。




yamamoto

pagetop