建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

迷路館の殺人(綾辻行人)

秋の夜長にぴったりのミステリーです。

正直、今更感はありますが、
綾辻行人さんの『迷路館の殺人』をご紹介します。



大物推理小説家の館に招かれた男女。
その内、4人はミステリー作家。
大物推理小説家の自殺を皮切りに、
迷宮のように入り組んだ館で、
4人の作家の小説通りに連続殺人事件が行われていく。

これで面白くないわけがない。
色々な要素テンコ盛りの作品です。

個人的なお話ですが、読み始めてすぐに、
私が好きな名探偵コナンの事件が、
この小説をモチーフにしていることに気づき、
作品序盤から高揚を抑えられませんでした。

kaisei

芸術の秋

芸術の秋です。

文化的なものに触れようと、
先週末、「モネ それからの100年」展を開催中の
横浜美術館へ行ってきました。(現在モネ展は終了しています)


行ったはいいものの、3連休中日ということもあり、
美術館前には長蛇の列が。

テーマパーク顔負けの行列に心が折れ、
すぐさま帰宅して読書の秋にシフトチェンジしました。

kaisei

パンプディング

週末にパンプディングを作ってみました。

細かく切った食パンの耳を上に並べると、
いい具合に焼き目が付いて、食感が良くなります。
(と、クックパッド先生が言っていました)


バナナを入れたからか、
離乳食を食べているような気分にも少しなりましたが、
やはり焼き立てのパンプディングは美味しかったです!

kaisei

雑貨屋巡り

吉祥寺に雑貨屋散策に行ってきました。



散歩のようにフラフラと雑貨屋を彷徨うのが好きで、
結局、今回は何も買わずに帰ってきてましたが、
それでも色々なテイストのお店に漂う空気感を味わえる
素敵な街、素敵な時間でした。

kaisei

逃亡作法(東山彰良)

第1回『このミステリーがすごい!』大賞をご存知でしょうか。

正確には、第1回大賞の中の銀賞に輝いた、
東山彰良さんの『逃亡作法』を先日読みました。



近未来の日本を舞台にした脱獄活劇です。
台湾生まれで刑務所に放り込まれた主人公ツバメと、
娘の命を連続殺人鬼に奪われ復讐を誓うカイザー。

2人を中心に繰り広げられる脱獄劇と復讐劇が
ユーモアあふれる会話を交えて描かれます。

映画を見ているかのような鮮やかな文体に、
自然とページが進んでいく、エンターテイメントを凝縮した一冊です。

kaisei

レアチーズケーキ

週末、レアチーズケーキを作りました。

作るといってもチーズと砂糖、生クリームを
混ぜるだけですが。
アクセントに甘酒の粉末を入れると、
ほんのりと風味が広がり、少し大人な仕上がりに。



タルトに使うバターをケチったせいで、
うまく固まらなかったことが反省点です。
変なところで貧乏性が出てしまいました。

kaisei

ゼロの執行人

今更ながらではありますが、
先日、劇場版名探偵コナンの最新作、
ゼロの執行人』を見てきました。



興行収入シリーズ最高の評判は偽りなく、
最近のコナン映画の中ではピカイチの面白さでした。

謎解きとアクション要素のバランスがよく
老若男女楽しめる内容です。

そろそろ上映期間も終わりに近づいていますので、
まだ見ていない方は是非。

kaisei

pagetop