建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

蚊取り線香

ここのところ一気に気温が上がったかと思えば、
梅雨入りしたりと体調を崩しやすい季節です。

そんな中「蚊」たちは元気に活動しているようで、
最近目にする頻度が増えてきました。



昔ながらの対処法ではありますが、
我が家では蚊取り線香を使用しています。

匂いが部屋についたり、
お隣さんの迷惑にならないようにしたりと配慮は要りますが、
懐かしい香りと、徐々に渦巻きが燃えてゆく様子を眺めていると、
ああ日本の夏が来たな、とささやかながらに趣を感じます。

kaisei

ノスタルジ―


闇に照らされた光が

コンビニほどに眩しくもなく、

丁度良い光を放っていました。

光の正体はコインランドリー。

もっとノスタルジーのイメージ

でしたが、絶妙なバランスで

街に開かれております。

なぜ住宅地にあるのか不明ですが、

ここで映画のようにコミュニティが

生まれたら素敵であると思った

AM0:00 でした。




yamamoto


キャプテン翼

先日「四つ木の家」の打合せのため、
葛飾区役所へと向かっている途中、
ばったりと若林源蔵(キャプテン翼の登場人物)に出会いました。



改めて立体になった若林君を見ると、
とんでもなくスタイルがいいです…

どうやらキャプテン翼の作者 高橋陽一さんは四つ木出身ということで、
四つ木周辺には様々な場所にキャラクターの銅像があるようです。

四つ木を訪れた際は、
キャプテン翼銅像巡りも面白いかもしれません。

kaisei

iPhone

無防備に使っていたiPhoneの画面が割れてしまったので
新品を購入することに。。

今度こそ割らないぞ!と奮起し
ケースとガラスフィルムで頑丈にガードしましたが
なんだかな~との思いです。

きっと手に馴染むようにデザイナーが
綿密に設計図を書き、大きさを決めているのに
そのままの状態で多くの人が使っていない。

かっこいいフローリングを張ってもらったから
汚さないようにビニールシートを引いて
使うようなものです。

もっと使っていて味の出るプロダクトが
出て欲しいなと思います。


※画像はイメージです。


mogi

狭間

日本に数多く存在する高架下という

ヴォイド。(未利用地帯)

利用しづらい場所のため、

なかなかうまく使えている事例はありませんが、

先日通りかかった高架下(道路下)には

意外な光景が広がっておりました。



未利用の場所があると何か使えるのでは、

と思いがちですが、何もないからこそ

見えてくる景色があるものですね。

yamamoto

大工の背中

涙が出るほどにお世話になった大工と

久しぶりにお会いしました。

いつも思うのですが、

大工の方に会うと、「大工だな。」と感じます。

長い時間かけて刻まれた彫刻のような深さが

肉体からオーラとして滲み出ていると感じるのです。

それはまるでグランドキャニオンのように

厳しさのようなものを身に纏い覇気として

捉えているのかもしれません。

その刻まれた深さに対峙する相当な覇気を

私も持ち合わせなくてはならないと感じます。

とはいえ、皆さん優しいですけどね。




yamamoto

魅惑の栃木


遠いようで近い栃木

近いようで遠い栃木

感覚では測りきれない

距離にある魅惑の土地は、

大きな鯉のぼりを揚げていたり、

ラーメンを食べた後に口直しの

アイスキャンディーを貰ったり、

なぜかレモン牛乳を前面に押し出していたり。

魅惑の文化で没入感に浸りそうになるころ、

建築を見に来たことを忘れ、

だだっ広い平野に沈む太陽が妙に焼付いたのでした。





yamamoto

pagetop