建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

代償

伊岡瞬さんの『代償』を読みました。
主人公の圭輔が同級生の達也に運命を弄ばれるお話です。



小説は2部構成。

小学生時代の1部では、達也に両親を殺され(放火され)、
圭輔が弁護士になった2部では、
達也から弁護の依頼を受けるものの、法廷で罠に嵌められるという
どこまでも嫌気のさすストーリーです。

この救いようのない徹底した悪役、達也に
いかに復讐するかが一応の見どころでしょうか。


本の帯には「一気読みしてしまうため時間に注意!」と謳われていましたが、
内容がなかなかに重く、私はとても一気には読めませんでした。

語弊があるようですが、内容は面白かったです。

kaisei

pagetop