建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

満德寺(3)

満德寺は着々と工程が進んでいます。

コンクリートを打つ際に用いる型枠が取れたことで、
特徴的な三角形の屋根がはっきりと姿を現しました。




一見単純そうに見えて、実は複雑な建屋形状。

図面や模型を作る段階で、苦戦しながらも調整を重ねたものが、
工務店の皆様のおかげで、建築として出来ていくのを見ると
思わず感嘆してしまいます。



この躯体をベースに、これから仕上げ材の施工が進み、
より納骨堂としての佇まいが洗練されていく段階に入ります。
ますます完成が楽しみになってきました!

kaisei

pagetop