建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

アイリッシュマン

上映時間が3時間半に及ぶ映画のため

危うく終電を逃しそうなった映画なのですが、

3時間半の時はあっという間に刻まれます。

1980年代アメリカの実話を基にした映画であり、

その当時の人間臭さ、豪快さが存分に映し出されます。

現代ではキャッシュレス決済によりLINEで飲み会を

割勘できたりと便利になりましたが、

現金でドーンと支払いを済ませる力強さ、

時にはそれにより買収されてしまう人間臭さが

現代へのカウンターとして強烈に響きました。



yamamoto

pagetop