建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

ケムカン!?ネツカン!?

本日、弊社のある事務所ビル内では、
消防設備の定期点検が行われていました。

これは、半年に1回行われます。

どんな点検かというと・・・



非常灯の蛍光灯を交換したり

いろんな消防設備の点検をしていました。




この光景。
誰もが一度は見たことあるはず。

これは、自動火災報知機の感知器が
作動しているか?を見ています。

この点検で使っている
器具に違いがあるのは、ご存知ですか?



左が、煙で反応する煙感知器(いわゆるケムカン)用、
右が、熱に反応する熱感知器(ネツカン)用なのです。


ケムカン用のは、下のボンベから
煙がもくもくと出てくる仕組みに
なっています。
人工的に火災の状況を作り出して
いるのです!

ネツカン用は、カップの底に
小さな熱線が仕込まれていて
その熱でちゃんと作動するかを
点検します。

以上の事は、作業員の人に聞いて
始めて知ったのですが・・・

こういう事を知ると、
ちょっとだけ物知りになった気がして
いいものです。

私の面倒な質問に答え続け
ブログ用の写真にも協力してくれた
業者の方にも感謝です。

MIZUNO

pagetop