建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

CL

5月はヨーロッパのサッカーの佳境です。
中でも強豪中の強豪を決める
チャンピオンズリーグが今年は激熱でした。



準決勝2試合とも劇的な逆転劇で
ハイライトを見るだけでも鳥肌が立ちました。

決勝は6月ですが、今から楽しみです◎


mogi

コメダ珈琲

コンビニに行った際、レジ横に並ぶお菓子に目が留まりました。
コメダ珈琲とコラボしたチロルチョコです。



学生時代にコメダでバイトをしていたので、
なんだか懐かしい気持ちで見ていました。

チロルチョコもいいですが、
やっぱり、久々にお店に行きたくなってしまいます。
そう思わせるだけでも、宣伝広告として優秀な商品です。

kaisei

商店街

GWにとある地方の商店街を通りすがると、

ガレリアから燦燦とトップライトが

商店街を照らしており気持ちの良い空間でした。

商店街のデザインとして広告のサイン等や照明まで

考えられており、長さを活かしたデザインが上手いな思いました。

商店街としても活気があり、機能しており、

なぜこれだけ機能しているのか、建築的な要因について

調べてみたいと思いました。



yamamoto

駒沢の家(4)

駒沢の家では連休明け早々に
審査機関による中間検査が行われました。

本計画はRC造のため
鉄筋の径、本数、定着方法を中心に検査することで
構造計算通りの安全な建物であるかを検査していきます。



指摘なく、無事合格できました。



2階床の配筋まで完了し、続いて3階に上がっていきます。
新緑が綺麗な季節になってきました◎


mogi

R1

本日より令和元年がスタートしました。



バブルの終焉以降、平成は建築業界にとって
苦難が多かったように思います。
震災、リーマンショック、姉歯事件、
最近では大手ハウスメーカーの偽装、、
と思い当たるフシが多々あります。

一方で、安藤忠雄さん筆頭に7人もの
プリツカー賞受賞など華々しい出来事もありました。

令和を振り返る頃には良い時代だったねと
言えることを願いたいと思います。

ちなみに令和の年数に令和(018)を足すと
西暦になるのは元号での書類提出が多い
建築業界では覚えやすくありがたいです◎
(令和2年+018=2020年)

mogi

平成最後の…

平成最後のブログです。

元号が変わると発表されてから、何かにつけて、
「平成最後の○○」という表現が蔓延し、辟易していましたが、
いざ平成が終わるとなると、やはり少し寂しいものです。



画像はネットニュースに載っていた、
上下逆さにすると平成→令和になる文字(アンビグラム)。

元号は、ある瞬間を境に変わりますが、
感覚的には少しずつ平成が古くなり、少しずつ令和に馴染んでいくもの。
まるでアンビグラムがゆっくりと回転していくようです。

kaisei

今ヘルシンキとのこと

GW12連休の方からアルヴァ・アアルト

自邸の写真が送らせてきました。

建築を生業にしていない方なので、

まさかアルヴァ・アアルト自邸に行っているとは

思いませんでしたが、自邸の写真がネットで見た

写真のままであることに驚きました。

本当に光環境の良い住宅であることが伝わってきました。



yamamoto

pagetop