建築家をめざす所員のブログ【KEN一級建築士事務所】

フクモリ

かっこいい建物創るよりも
使いやすい建物創るよりも
大切なことが建築基準法に準じて
計画されているか否か。

その審査依頼している会社さんとの
打合わせに行くのはいつでも緊張感があります。

なのでまずは腹ごしらえをしてから
向かうこととしました。
腹が減っては戦はできません。

今回立ち寄ったのはフクモリという定食屋さん。
なんだか縁起が良さそうな名前と小綺麗な内装と
身体に良さそうなメニューに惹かれました。



入ってみると自分以外はすべて女性客。。
驚きました。。多少の気まずさに気付かぬふりをして
美味しく頂きました。

お陰で無事打合せも終えることが出来ました◎


mogi

防府



引き渡しの前に防府の家へ行ってきました。

1週間前から常に雨予報であった天気でしたが、

持ち前の抜群の晴れ男力でなんとか晴れました。

山口の天候の神に迎え入れられ、

現場監督にも迎えられて最高の一日を過ごしました。

内部空間への光の入り方がとてもシャープで

まちに開かれた大きな屋根の下に気積いっぱいの

自然光が入っており、気持ちの良い空間でした。

最後に1960年12月号創刊の新建築に掲載された

防府公会堂も見学して、

これ以上ない帰路に着きました。


yamamoto

カタストロフと美術のちから展

森美術館で開催中の、
カタストロフと美術のちから展』に行ってきました。



本展覧会では、世界各地で起こる大惨事に対し、
アートや芸術家というフィルターを通し、
それらを映し出す、伝える、または復興につなげるような
試みの数々が展示されています。

中でも印象的だったのは、3.11を表現したこちらの作品。



壁一面に広がる黒のドットを近くで見ると、
それが防護服を纏った原発作業員の肖像画であることに気づきます。
それぞれの肖像画からは秒針の音が微かに聞こえ、
その暗示された内容にドキッとさせられます。

テレビや新聞とは異なる情報の届け方。
内容が内容だけに、ボリューム満点の展覧会でした。
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

kaisei

防府の家(15)

防府の家はすべての工程が終了し、
いよいよ引き渡しを迎えます。




初めて防府に街へ行ってから2年と少し、
設計・現場監理を通して多くのことを学ばせて頂きました。

今月末にはハレの玄関となる南の庭に
防府天満宮のお祭りの神輿が担ぎ込まれます。
その光景を遠く横浜から想像してみたいと思います◎


mogi

サードプレイス

久しぶりに地元のTSUTAYAへ行ってきました。

いつの間にか店舗は改装されており、

STARBUCKSが併設されてリビング空間

のようになっておりました。

夜の遅い時間にもかかわらず

多くの人が利用しており、

社会が求めているのであると感じました。

現代では店舗へ映画のDVDを借りに行くというのは

もはや後発的であるような気はしますが、

店舗だからこその新たな発見があり、

社会がサードプレイスを求めるのと

因果があるような気がします。



yamamoto

渋谷再開発

現在渋谷では2020年に向け、
大規模な再開発が進んでいます。

その中でもメインのビルが「渋谷スクランブルスクエア東棟」。
設計は日建設計ほか。
現在、カーテンウォールの施工中です。



施工中のともすれば荒廃的に映る段階であっても、
雑多な渋谷の中では一つのシンボルとして見えてくるから
不思議なものです。



これが完成イメージ。
渋谷が大きく動き出しています。

kaisei

HP更新のお知らせ

ホームページ更新のお知らせです。



すべての作品一覧に
防府の家」を追加しました。

広い敷地と平屋であることを活かした住宅です。
南北には趣のまったく異なる庭を設えています。

南の庭は浮遊感ある塀を設えることで
建築と街の双方が視線を気にせずに
木々の緑を楽しむことができます。

北の庭は街のシンボルである天満宮へ
視線を誘導するように床・壁・天井を設えています。

是非ご覧ください。


mogi

pagetop